03


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


05

思いついたときに書きとめてみます。酒、食、音楽、生きていること。
--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/14(水) 01:24 ホネ2続報。 よもやーま。
先日の記事にコメントくださった旧知のおふたかた、お気遣いに加えて山椒の利いたコメント、いつもありがとうございます。

その後、背骨と言うか腰と言うか脇腹と言うか・・・要は妻のそこらへんの容態は、べつに何も劇的に好変することもなく。

今は鍼だ灸だカイロだ、フルコースで通院生活を続けています。

どうやら、抱っこをしなくても勝手に子供が寝るようになるまでは、完治の道は遠いようです。

・・・春が来たから治る、くらい適当な幻想を抱いていたワタクシは、いい面の皮です。

だけど、諦めると、若干人間は明るくなりますよね。

どうせすぐには治らんし、まぁ諦めて付き合うしかないや~的な。

ダメを前提に、仕事を抜けて病院に行く時間、子供を預かったり、こんなに貼るの???くらいな湿布やカイロを夜な夜な貼るのを手伝ったり。

ダメなりに、面白くなってくるものでして。

だけど、諦めたはずが、夜中に子供が泣くと、起き上がれない自分に嫌気が差して、妻はよく泣いています。

泣いたってそこで何かが変わる訳じゃないから、今出来ることをしましょうね、っていうのがワタクシのいつもの言い様なんですが、そんなおためごかしは、聞きたくないそうです。

よちよち、つって慰める人のほうが、マシなんだそうです。

こうなると、昭和に毒されて実利主義的と言うか功利主義的なじぶんには、持て余し気味になっちゃうわけですね。

結局困って何もいえなくなるわけですけど、翌日、「二人目はどうしようかなー、ほしいなー」と言う妻に、あっけに取られる始末・・・。

理屈が通じない奴らは、腹立たしいけど面白い。



スポンサーサイト
コメント:7  トラックバック:0
 Home 


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。