06


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


08

思いついたときに書きとめてみます。酒、食、音楽、生きていること。
--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/29(火) 23:56 百年行事。 あるこほーる。
所帯を持ち、息子予備軍まで居つつある昨今ですが、

かつてのワタクシ、

生活感のない独身男として、気ままな暮らしを謳歌してきた時期がございました。


何物にも囚われず、思うが侭に生きた日々。


いやお前、長すぎただろ、って?

ウッサイハゲ。


おかげで倅が無事に成人したら、還暦目前じゃい!文句あっか!


あれ?何の話書こうとしてたんだっけ?

そうそう。


一昨年くらいまでは、毎年この季節に、アメリカに渡ってバーボンを漁るような恒例行事を、自分に課していたのです。何年も続けて。


結果、手元に何本かの古いお酒が残っているのですね。(そんなに極端に希少ではないけど。持ってる人は沢山溜め込んで持ってます、って類)


先日久々に、地元の長年世話になっているバーに顔を出したら、たまたま俺がこっそり隠し持っている古いお酒の話題になりました。


・・・えーっと・・・以下は、個人的なお酒に関しての背景描写なので、スルーしてくださって結構です。



映画やなんやらでご存知の方は居るかも知れませんが、凡そ100年前、アメリカには、禁酒を是とする市民(女性)運動や宗教運動の機運が高く、ときの議会は遂に「禁酒法」という史上まれに見る悪法を・・・ってまぁこの辺はいいや。


要は、その時代、お酒は医者の処方箋を受けた「医療用」以外は販売・製造を禁じられていたのです。


実に全州の禁酒法は1917~1933年まで続いたわけですが、生産はされずとも、大量に在庫を抱えていたお酒は、当時急増した「咳止め薬」として、備蓄分がどんどん売りに出されていました。


合法的に捌けないものは、違法に取引されており、それを規制するために、警察でもなんでもない官僚組織が特別に武装を許されて、銃をバンバンぶっぱなして密売人を掃討していたのが、映画「アンタッチャブル」の世界でした。(未だにその組織「ATF アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局」は、銃装備こそしていませんが、めっさ恐れられています。)




ぜぇぜぇ。ここまでで、ワタクシ的には何ひとつ話し足りてませんが、これ以上聞きたい奇人変人は、直接オレんとこ来い


ともあれ、たまたま持ってるお酒の製造年が、1917年のものがあると言う話で、


折角だから、2017年に、「100年祭り」的に開封しようじゃないかと、そんな話をお店の常連さんと盛り上がったわけです。


ぶっちゃけ、希少すぎる酒って、商売でお金に変える手段があるプロはともかく、趣味で集めた素人には、開けるタイミングが困り物なんですよ。


貴重は貴重だし、ワインなんかに比べて、ずっと経年変化が少ない分、置いておく限りは、しだいに価値は上がるんだけど、お酒である以上は、飲まないと意味ないしね。これを、欲を出して勿体無くてキープして、自分が先にくたばって、他人が味わうだけになったら負けだしね。


蒸留されてから100年。上記の歴史から行けば、残存している禁酒法下のバーボンが、大半2017年に100年を迎えるわけだけど、味わってみる日が楽しみです。


・・・共有したいひと、早めに連絡くださいね~っと。



個人的には、禁酒法下に処方箋に基づき一度は確実に売られたのに、何故か「咳止め」に使われずに現世まで残っているような酒が一番興味あります。要は、背景に想像の余地がある品といいますか。

背景的に一番気に入ってる瓶は、シカゴの旧家の壁を壊した際に、新品木箱入りの48本詰めで発見されたという、医療用ウィスキーです。

どんな商売の誰が、いつ取り出そうと思ってそこに隠したんだろう?

酒のアロマに混じり、密売やら窃盗やら隠蔽やらのニオイが香ります。


・・・ワンス・アポン・ナ・タイム・イン・アメ~リカ。
スポンサーサイト
コメント:4  トラックバック:0
いきてまーす  Home  もうすぐだよね。
コメント一覧
じょーい

おいしいお酒飲みたーい(笑)
URL 【 2009/10/13 09:01 】 編集
ぽっぷ

100年祭りって何かかっこぃですね!
何か想像しただけでワクワクするです(・ω・)
でも2017年…まだまだ先は長いですなぁ><。
URL 【 2009/10/09 01:29 】 編集
品。

だーころに飲ませるため開封する日までに、中身が干上がらないように、時々チェックするよう心がけます。

戸棚から取り出したら妙に軽かった・・とか、ありえるだけに。

あ、医療用のパラフィルムを首に巻けば蒸発抑えられるって聞いたなぁ。やってみようかな。
URL 【 2009/10/04 17:55 】 編集
だーりん

壮大な計画ですね~!まさにロマンじゃないですか。
そういう事話してる場って最高に楽しいですよね。
酒も、いい人に買ってもらえたと喜んでいる事でしょう。
面白い話なんで、今後色々な場所で、まるで自分が発案者の如く語ってやろうと思いますw
URL 【 2009/09/30 02:17 】 編集
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL
http://cinnatavern.blog82.fc2.com/tb.php/108-5ef086ca

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 Home 


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。