FC2ブログ
10


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


12

思いついたときに書きとめてみます。酒、食、音楽、生きていること。
--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/26(土) 00:25 無題ですが よもやーま。
昔から、算数が苦手な割りに、理論物理学寄りの、小難しい話に魅力を感じる口でして。

文系のくせに。

数学の難しい論理を最低限に抑え、文系アタマにもわかりやすく、イメージしやすく、しかも最先端の理論物理学を提示してくれた、南部陽一郎先生の名著「クォーク」。

ちかごろ、ノーベル賞を受賞したときは、いちファン心理でハイになったものです。

そういった、素粒子物理学の世界で語られる、核反応の世界。



だけどいまや・・・。
その副産物にさらされ、恐慌状態のワタクシたち。

自然界には4つの力の種類があるらしく、しかもそれらの起源は元々ひとつのもので、宇宙開闢以来、段々とそれらが役割を分かち、今現在うかがい知る限り、4つの力の作用に分岐するんだそうです。

その中の一番極端に強い作用が、核の力を含む、「強い力」なのだそうです。

最弱にして最古に分岐したといわれるのが、重力。

津波の水流の破壊力は、重力による作用です。

大きな地震を蒙り、重力の暴力で海岸線の街を壊滅させられた。そんな私たちが、核の力を制御できると、どうやって信じてこれたのか・・・。

考えこんでしまいます。

夏は核の力なしでは、冷房などで急騰する電力消費を賄えないとか。

じゃあ油燃やすか?

温暖化は?エネルギー枯渇問題は?

東電を責める前に、自分たちの暮らしてきた世界が、そもそも砂上の楼閣であったことを、

それに気づかず、近年は猛暑で熱射病対策がなんちゃらとか、

相当勘違いしたままで、われわれはそれを当然と思って暮らしてきたみたいです。

なんだか、責める気持ち自体が恥ずかしい。

ふう。

関東は、軽いパニックに加えて、自重ムードが漂います。

でも先週大阪へ久々に出張したら、みんなだいぶ元気でしたよ。

被災した経験のある土地が、今は元気、でも経験を踏まえて、気遣いはしてくれてる。

東北太平洋岸の皆さんも、そういう風に元気を取り戻す日が、早くきますように。
スポンサーサイト
コメント:3  トラックバック:0
 Home  生存コール。
コメント一覧


このコメントは管理者の承認待ちです
【 2013/02/06 14:58 】 編集


このコメントは管理者の承認待ちです
【 2012/11/28 12:27 】 編集


このコメントは管理者の承認待ちです
【 2011/07/30 03:04 】 編集
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL
http://cinnatavern.blog82.fc2.com/tb.php/125-0f1ac777

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 Home 


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。